pachypodium ambongense littmon seed🌱《大きめM size》希少種※実生でも流通少なき将来有望ぼってり株※mad black pot植え
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

pachypodium ambongense littmon seed🌱《大きめM size》希少種※実生でも流通少なき将来有望ぼってり株※mad black pot植え

¥59,400 税込

送料についてはこちら

※税込価格+送料無料‼️ ※限定1株 ※mad black pot植え 《リトモン実生将来有望株‼️》 パキポディウム アンボンゲンセ🌵希少種 大きめM size 6.90×13.40 (葉は含まず株のみサイズ) ※大切に管理して参りました選抜株です😊 アンボンは実生株でも古株になるにつれ 現地球株みたく、 しっかり白肌となって行ってくれやすいのを 成長過程から見られる醍醐味ですね(^^)👍 このまま良樹形で 更に‼︎ぼってり育ってほしいですね‼︎☺️ まだまだしっかりと動いてくれています。 大変、良きサイズ感のオススメな一株です。 ※これからcaudexを始める方にも 収集家の方にも、 もってこいの安定balance株‼︎ ※きっとお喜び頂ける一株になると思います(^^) ※パキポディウムのでっぷり樹形を 維持するためには、 成長期にいかにしっかりと水を 出来るだけ多く飲ませられるか? 必要な日照を与えることができたか? その様な環境を作ることが、 でっぷりと育てるために最重要となります。 ※取説もおつけしておりますので、 安心して育てていただけます😊🌵 《管理方法》 ↓↓↓ ※成長期の日光は、日々5時間は、 午前中心にしっかり日光浴を👍 午後からは紫外線が強いため 明るい半日影管理がbest‼︎ 併せて、秋口の葉が落葉するまでの間は、 毎日朝晩と株へのミスティングを 行なって下さい。 ⚠️来年からの休眠中は、 軽め霧がかった程度のミスティングを 週に2度行いつつ、完全断水はせず、 細根を生かしながら越冬させられるために、 水をお湯で割り、水温15度ほどで、 この鉢なら90ml程度の水量で、 10日に一度、月で見て3回程、 湿らせて越冬下さいね。 細根を枯死させずに越冬することで、 春からの芽吹きのロケットスタートが 効きます😎👍👍👍 ⚠️良く言われているような、 完全断水はお控えかださった方が良いです。 ※また、冬季休眠期こそ! 紫外線が弱く傷みづらい季節です。 光量不足とならぬよう西陽以外で、 7時間日照と多めに日光浴をお願いします。 寝ている休眠期こそ光合成が必要なのです。 冬季に落葉し葉がなくても、 皮下組織の葉緑素から光合成はできます😊 ⚠️また、成長期の中でも真夏の猛暑時だけは、 自生地より日本の方が気候が厳しいので、 午前だけしっかりと当て、 午後は半日影管理がベストです。 これにより、鉢内を煮立たせてしまったり 蒸れてしまうことを回避できます☺️ ※風通し良く、  屋外管理で水遣りは週に2回、月で見て8回‼︎ 屋内管理の場合は週に1回、月で見て4回‼︎ どちらの管理も、 上でお伝えしたミスティングを 併せて行なってあげて下さい😊🌵 ※宜しければ是非‼︎ ご検討頂けましたらと思います😊 ※限定1株 ※当店は 土一つ溢れない安心梱包にて 迅速安全にご発送お届けさせて頂いております。 また、管理に対してもご不安がない様 当店オリジナル管理取説も ご同封させて頂いておりますので より安心して育てることができます😊🌵